消費税増税再延期説

先週末、為替が大きく動きました。

一時的に1ドル104円台にまで!

それと連動するように日経平均株価も

700円ほど下がる場面がありました。

今回も仮に日銀が介入してでのあの円高だったのなら

ちょっと今後の経済が危いらしいです。

 

個人的に気になったのは

消費税増税再延期説です。

消費税の増税は輸出企業に非常に都合の良い

仕組みになってるそうで、

輸出した商品には消費税がかからず

むしろ還付される構造になってるんだとか。

 

でも、円高が進むとその恩恵は少なくなり

国内の下請けは消費税の増税分厳しくなってしまうという。

 

憲法改正を悲願とする安倍内閣は

なんとしても景気を良くしたい、となるはず。

 

で、増税してる場合じゃない!

というロジックが無くもないんだとか。

 

どうなるかは分かりませんが

輸出関連株は売っといた方がいいのかな〜、とか

ちょっと考えてみた今日この頃です。

 

コメントは受け付けていません。