RIZAP これまでの業績のカラクリ

RIZAPが赤字に転落してニュースになってました。 これまで良い業績が続いていたのは会計上のカラクリがあったようです。 負ののれんというやつです。 通常企業を買収するときはその買収しようとする企業価値を上回る価格で 買取り、差額は「のれん」として20年以内に費用化していくものですが、 RIZAPの場合は逆で、企業価値よりも安い価格で買取り 「負ののれん」

続きを読む