健康

運動と記憶の関係

目安時間 4分
  • コピーしました

当記事はアフィリエイト広告を利用しています。

運動と記憶の関係については、さまざまな研究が行われており、運動が記憶力や認知機能に対してポジティブな影響を与えることが明らかにされています。

以下にその主要なポイントをまとめます。

運動が記憶に与える影響

  1. 脳の構造と機能の改善
    • 海馬の成長: 海馬は記憶形成に重要な脳の部位であり、運動によって新しいニューロンの生成(神経新生)が促進されることが示されています。これは特に有酸素運動(ジョギング、ウォーキング、サイクリングなど)によって顕著です 。
    • 血流の増加: 運動は脳への血流を増加させ、これにより酸素や栄養素の供給が改善され、脳機能が向上します 。
  2. 神経成長因子の増加
    • BDNF(脳由来神経成長因子): 運動によってBDNFのレベルが上昇します。BDNFはニューロンの成長、維持、修復を促進し、記憶と学習能力を向上させる重要な役割を果たします 。
  3. ストレスの軽減と気分の改善
    • 運動はストレスホルモン(例えばコルチゾール)のレベルを下げ、エンドルフィンの分泌を促進することで気分を改善します。これにより、ストレスによる記憶力の低下を防ぐことができます 。
  4. 認知機能の向上
    • 運動は注意力、実行機能、情報処理速度などの認知機能を改善し、これが結果的に記憶力の向上に寄与します 。

具体的な研究結果

  • ランダム化比較試験(RCT): ある研究では、週3回の有酸素運動を6ヶ月間続けた中高年の参加者が、対照群に比べて記憶力と認知機能が有意に向上したことが報告されています 。
  • 長期的な観察研究: 長期間にわたる運動習慣を持つ高齢者は、アルツハイマー病や認知症の発症リスクが低いことが示されています 。

実際の運動の推奨

種類: 有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリングなど)が特に効果的とされていますが、筋力トレーニングや柔軟運動も有益です。

頻度と強度: 一般的な推奨は週に150分以上の中程度の有酸素運動(例えば、30分のウォーキングを週5日)です。また、筋力トレーニングを週2回行うことも推奨されています。

 

まとめ

運動は脳の健康を維持し、記憶力や認知機能を向上させる効果があるようです。

継続的な運動習慣を取り入れることで、ストレス軽減や気分の改善などの副次的な効果も期待できます。

運動を取り入れる際は、無理のない範囲で、自分に合った活動を選び、徐々に習慣化していくことが重要です。

 

最後に、運動と脳の関係について分かりやすい本があったのでご紹介します。

こちら

 

 

 

2年前まで本屋さんに行くと平積みされていたので知ってる人も多いかと思いますが、やるべきことがかなり具体的に書かれているので、身近に受験生とかいる方はぜひおススメしてほしい書籍です。

 

  • コピーしました

   健康 

この記事に関連する記事一覧

そのままの服装でエクササイズ
プロフィール

コウスケと申します。お得な情報や役に立つノウハウ、美味しいお店などを書いていこうと思います。 

当ブログではアフィリエイト広告を使用しております。

カテゴリー
買い物

応援よろしくお願いします
最近の投稿
人気記事