e-Residency

仮想通貨が買い物で使われ始めた時は

少し半信半疑なところがありました。

で、実際に使ってみるとしっかり通貨としての役割を実感することができました。

 

でも最近はそれを上回る概念のものを知りまして。

それは、『e-Residency』と呼ばれるものなんですが、

なんだと思いますか?

 

電子国民です!仮想国民と表現してる情報もありましたが

電子上でエストニアの国民になれるというものなんですね。

そして、法人まで作れるという!それも比較的安価で。

今後EUでのビジネスを考えている方には便利な制度かもしれないです。

 

ただこれ、今人気過ぎて申請しても3ヵ月はかかるらしいです。

取得を考えている方は早めに動いた方がいいかもしれないですね。

 

私もまだまだ勉強不足なのでメリットとかデメリットとか分かってきたら

メモ的にこちらに書いていこうと思います。

 

コメントは受け付けていません。